岩手の住宅展示場の歩き方 » 岩手の住宅メーカー/工務店リスト » 小田島工務店

小田島工務店

このページでは小田島工務店の住宅展示場・モデルハウスの情報、口コミ・評判、会社の特徴などについてご紹介します。

小田島工務店の岩手県内の
住宅展示場・モデルハウス情報

小田島工務店

小田島工務店
引用元URL:小田島工務店
http://www.odashimakoumuten.jp/?page_id=16

※公式サイトにて、360度VRモデルハウス公開

小田島工務店の口コミ・評判

2×6工法で快適な生活

「家造りでは、寒さの厳しい冬を快適に過ごすための断熱や、地震や豪雨など災害の影響を受けにくい耐震性を重視した構造を念頭に、準備を進めていました。2×6工法の基本的性能を説明された時に「これだ!」と思い、何でも熱心に対応してくれる小田島工務店へ施行を依頼。完成したマイホームに住んでみると、予想通りの暖かさで満足しています。光熱費も少なくて済み、今では家族全員が笑顔で過ごしています」

参照元URL:小田島工務店
http:// www.odashimakoumuten.jp/?page_id=323

気になることは、家造りのプロがすべて解決してくれた

「人生で初めての家造りは、わからないことだらけ。それでも小田島工務店は、土地購入・銀行からの借り入れ・建てたい理想の家について、何から何まで相談に乗ってくれました。完成した家の対面式キッチンでは、家族との会話が弾みます。また子供たちの要望であるロフトもでき、文句なしの家となりました」

参照元URL:小田島工務店
http://www.odashimakoumuten.jp/?page_id=437

お客様第一の誠実さが感じられる

「遠方でなかなか現場に足を運びことのできない私たちのために、工事の写真と様子を毎日メールで届けてくれました。日々の経過がわかるので、施工期間は期待がどんどん膨らんでいきました。時々見に行った現場はきれいで、快く見学をさせてもらえることも。完成した家は、においがなく、体に優しい空間となりました」

参照元URL:小田島工務店
http:// www.odashimakoumuten.jp/?page_id=1422

家を建てた私がおすすめする工務店

「大きな夢の実現を目前に、設計の段階で、何度も設計図の書き直しを依頼しました。嫌な表情はなく、すべて受け入れてもらったことについて、プロとして教わることがたくさん。すべてが今に生かされ、満足できる家を手に入りました」

参照元URL:小田島工務店
http:// http://www.odashimakoumuten.jp/?page_id=446

2×8工法が私たちには大正解!

「あまり聞き慣れない2×8工法で家を建てました。壁構造材は、2×4の約2倍の大きさ。理由は、建築する土地が寒くて風の強い場所だったからです。住んでみると断熱材が音を吸収しているのか大雨の音も聞こえないことにびっくりしました。家を建てることでいろいろ教えていただけたので、何一つ不満のない家で暮らせました」

参照元URL:小田島工務店
http:// www.odashimakoumuten.jp/?page_id=466

小田島工務店の特徴

2×6工法で耐久性に優れている。

住宅構造において、従来建物を支えてきたのは柱と梁でした。小田島工務店では、面で建物を支える枠組壁工法である2×4工法を採用して、安全で快適な生活を提供しています。1989年からは、さらに断熱性能と耐震性の高い2×6を導入しています。2×4と比較すると構造木材は、約50mmの厚さの違いがあります。そのため、地震・台風・積雪荷重による圧力を受けとめて、圧を分散。これまで以上に高い安全性が期待できる工法を取り入れています。

省エネルギー構造で環境と家計に優しい

鉄骨住宅は鉄骨により外気の冷たさが室内に伝わることがあります。ですが、2×4は木材を使用するため外気が伝わりません。寒い日でも、暖かさが持続します。また、天井・床・外壁にも断熱材を使用することで、断熱効果が期待できます。これまでよりも少ないエネルギーで、1年中快適に暮らせます。家計と環境に優しい構造です。

小田島工務店の基本情報

本社所在地 岩手県滝沢市牧野林1012-2
法人設立年 昭和53(1978)年10月3日
資本金 2,500万円
岩手のおすすめ住宅展示場に行ってみた!

管理人について

管理人イメージ

生まれも育ちも岩手のアラサー夫婦。出産をきっかけに、夢のマイホーム購入を決意する。雪国出身ながら、寒いのがとにかく苦手。
夫(ケンジ):32歳の公務員。車好きで、スペックにうるさい。
妻(アキコ):31歳のパート社員。インスタでの情報収集が趣味。